Oct 27, 2017

【試食会報告】こだわり食品展示会2017に出展しました。

Pocket

10月26日(木)に大阪産創館で開催されました「こだわり食品展示会2017」に
高島の発酵食文化を伝える和菓子「発酵のたからばこ 湖来糖(こっことう)」と
朝のバランス食を応援する「湖国の発酵ジャム・ソース」
2種類の開発商品に関する、試食・価格調査の場として出展しました。

こちらの催しには昨年も出展させていただいたのですが、
出展数30程の会場に、関西圏のバイヤーの方が多数来場され
お一人お一人のバイヤーの方とじっくりお話をさせていただき
ご意見を頂戴できる、商品開発のブラッシュアップにはとても良い機会として出展しています。

昨年と同じ場所で出展させていただいたことで
覚えてくださっているバイヤーの方もおられ、昨年度の開発商品の展開も含め
実のあるお話をたくさんいただきました!

今年度開発の商品は、大きく2つに分けると
スポーツ関連の商品と、贈答品として使える商品になりますが
今回は贈答品として使える商品の調査をしました。

◆高島の発酵食文化を伝える和菓子「発酵のたからばこ 湖来糖(こっことう)」

こちらは昨年度の「たかしま発酵の雫」の別展開の商品で、
多種性が魅力の発酵するまちである、滋賀県高島市の代表的な発酵食材を
手間と時間をかけてつくられる和菓子の琥珀糖(こはくとう)(関東では艶干錦玉と言われるそうです)に閉じ込めました。
中を割ると宝石の様にキラキラと美しい見た目もさることながら
外のシャリっとした食感と、中に閉じ込められたそれぞれの味をじっくりと楽しめる
食べている間、とてもゆったりとした気分に浸れる砂糖菓子です。
醤油、味噌、酒、酢、鮒鮨(飯)、湖国水 6つの味を楽しめます。
パッケージのサイズ感も3パターン準備し、バイヤーの皆さまに取扱いやすいサイズをヒアリングし
今後は個包装で展開する事になりそうです。

◆朝のバランス食を応援する「湖国の発酵ジャム・ソース」

こちらは、さつまいもと塩麹を使ったジャムと、豆と味噌を使ったソースで、
どちらも砂糖不使用でつくっています。
「ええっ!こんなに甘いのにお砂糖使ってないの?!」と試食した皆さんが驚かれるくらい
甘味がしっかりあって、でもお砂糖の甘さとは違いとても優しい風味の仕上がり。

豆と味噌のソースは、ジャムとしてももちろんお使いいただけますが、
牛乳と混ぜるとチャイのような飲み物に。(きな粉牛乳みたいと表現される方もおられました)
酢や油を足せばドレッシングにとアレンジが自在に出来る事からソースとしています。

どちらも、ご飯からパンに移行していく現代の朝食事情の中で、昔ながらの和朝食のようなバランスの良い朝食を
なんとか手軽に摂ることが出来ないかと、忙しい主婦の方々の時短商品になればという想いで始まった商品です。
雑貨屋の店内に並んでいてもいいような可愛いフォルムとパッケージで、
プレゼントにしても喜ばれるような雰囲気に作っています。

どちらの商品も、スタッフ1名では対応できない程の人気ぶりで
昨年以上に来場者の方々の注目を集め、ブースにお越しいただけました。
予想以上の盛況ぶりだったため、準備していた商品の資料は早々になくなり、
せっかく興味を持っていただいた方に満足な商品説明が出来ないなどのご迷惑を
お掛けしてしまいましたが、
「商品化されたらすぐ連絡欲しい!」「いつ商品化できるの?!」と
勢いのある反応をいただけたことで
今、求められている商品に仕上がりつつある手ごたえを感じて調査を終えることが出来ました。

流通の為には賞味期限等の課題はありますが、
添加物や保存料を使用していないため、どうしても一般的な商品に比べると期間が短くなるところもあります。
また、開発期間が限られているため、長期の保管検査が出来ない問題もありますが
私たちの出来る限りの調査や検査を実施し
取扱う市内事業者が速やかに商品化出来る様、より完成に近い商品に仕上げたいと思います。

この日の為にサポートいただきました、協力事業者の皆さま、
会場にてブースにお越しいただきました皆さま、
ありがとうございました!

Posted in 実践メニュー, 新商品開発Comments Closed 

関連記事