Aug 10, 2017

起業家の思考を学ぶ!世の中に必要とされる商品の作り方

Pocket

【セミナーご案内】
やりたいことを実現化するためには、仲間づくりと種まきが重要となります。
また、何より大前提として「何をこの社会の中で表現したいのか」軸が明確であればあるほど迷わず最短で進むことができるはずです。

(全5回・発酵食品基礎セミナー)
起業家の思考を学ぶ!
世の中に必要とされる商品の作り方

対象:求職者、創業希望者(受講無料)

このセミナーの1~2日目は、ロールモデルとなる事業主からブランディングや商品ストーリーの例を学び、3~5日目では事業化の具体的なプロセスについて学びます。
・やりたいことが明確な人
・まだ漠然としている人
・就職活動中の人
お申込みお待ちしております!!


【1日目】
美味しさ・美・健康
求められる発酵食と料理

[日時] 平成29年10月5日(木) 14:00~18:00
[場所] 安曇川公民館 和室・調理室
  (滋賀県高島市安曇川町田中89)
[講師] マザー・ウォーター 代表 南 智征氏(通称:なかじ)

・ なぜ? 発酵食が求められる理由
・ 全国で開催されている発酵食イベントの反応は?
・ 酒粕を使った簡単レシピ(ホワイトソースなど)

南 智征氏は、発酵と暮らし研究家,発酵料理家,元「寺田本家」蔵人頭。酒粕を活用したレシピ本などを出版。全国各地で発酵講座や麹作り教室、発酵イベントなどを開催し、多くの参加者で賑わっている。
 


【2日目】
発酵するまち高島が、世界に誇る発酵食【現地視察】
[日時] 平成29年10月12日(木) 9:30~16:00
[集合] 高島市観光物産プラザ 1階 ロビー
  (滋賀県高島市新旭町旭1-10-1)
[訪問先] 株式会社ヤサカ、株式会社福井弥平商店

株式会社ヤサカは「アレルノン」商品の製造会社で、「鮒寿し」から抽出した乳酸菌と、お米を原材料に作られたヨーグルトやマヨネーズなどは、発酵食品として大学教授も驚いた。その製造現場と、商品の特徴、発酵食がカラダに与える影響について学びます。

株式会社福井弥平商店は、日本酒「萩乃露」の蔵元。数年前に、江戸時代に行われていた醸造法「十水仕込」を復活させ、高島の情景やにおいを感じさせる酒、更には飲んでビックリしてもらえるお酒を造る。
味への追及は勿論、商品作りの背景や理由(ストーリー)も学びます。


【3~5日目】
起業家の思考を学ぶ!
「小さな種をたくさん蒔く」手法を学びます

[日時]
 平成29年10月19日(木) 10:00~15:00
 平成29年10月26日(木) 10:00~15:00
 平成29年11月27日(月) 10:00~15:00
[場所] 高島市観光物産プラザ
  (滋賀県高島市新旭町旭1-10-1)
[講師] 株式会社オヤノミカタ 代表取締役 松井 知敬氏

・ 商品やサービス作り以上に重要なこと
・ 実例で学ぶ事業づくりワークショップ
・ 「小さな種をたくさん蒔く」 手法
・ 他事業を題材に事業化プランと小さな種を考える

松井知敬氏はフリーランスや広告代理店勤務を経て、これまでに培ってきたデジタルマーケティングのスキルを子育て支援の分野に活かすため、2014年に株式会社 オヤノミカタを設立。 世の中に必要とされるサービスづくりや商品提供を目指す。
また、事業主だから分かる事業プランのこと、出口を見据えた巻き込み型の商品開発、ユーザーとの接点づくりなどについて学びます。

※ 10月26日は、高島で活躍されている発酵創作料理家の事業を題材として、参加者の皆さんに新たな事業プランと種まきを考えていただきます!
お楽しみに。

 ***セミナーチラシは、こちらからダウンロードできます*** 

【注意事項】
・今回の講座受講にあたり、交通費等個人負担が必要です。
・セミナー受講後の雇用状況についてご自宅にアンケート送付致しますのでご協力をお願いいたします。

[主催]
高島地域雇用創造協議会 TEL 0740-25-5731

Posted in 事業推進, セミナーComments Closed 

関連記事